日本と韓国の若手陶芸作家交流展


by contact05

展覧会が終了しました。

お久しぶりです。
あまりにも久しぶりすぎて、きっと誰も見ていないんだろうな。
でも、結果報告をしていきます。
気が付いた方、新しく見られた方、楽しんでいただければ幸いです!!
とりあえず展覧会の画像っす。
オープニングレクチャの様子や作品を数点載せます。d0013679_19354426.jpg
d0013679_1936142.jpg
d0013679_19361858.jpg
d0013679_19363018.jpg
d0013679_19364530.jpg
d0013679_19372761.jpg

[PR]
# by contact05 | 2005-09-08 19:39 | 日韓交流展のこと

展覧会の準備について

突然ですが、展覧会にはお金がかかります。
美術館などでは企画によって何百万、何千万といった金額が動きます。

実はこの企画もなかなかお金が必要なのです。毎回作家の方々には参加費用をいただき、助成金制度に応募したりと色々資金集めをしています。なかなか思ったようにはいかないのが現状です・・・。

昨年は韓国展でした。韓国では韓国作家達が運営資金を準備してくれたのですが、その際作家の作品を販売して資金集めをされていました。ちなみに画像は韓国作家の作品です。1セット8000円程度で販売されていました。
d0013679_23305091.jpg


「なるほど、これはおもしろい。」とみんなで感心したものです。
「おもしろい考えならこちらでも是非やってみたい!」という事で今回は日本側参加作家の方々には販売用の作品も提供していただいています。作家の方々には本当に感謝しています。
すでに何名かの方々が寄付してくれていますが、力作ぞろい!!
感動しました。また画像をのせますね。
[PR]
# by contact05 | 2005-06-15 23:37 | 日韓交流展のこと
みなさん、こんばんは。
今回から、私が企画する日韓交流展「CONTACT」についてお話いたします(会場写真も交えながら・・・画像は全て第一回展覧会の会場風景です)。


d0013679_2234674.jpg


2002年から行ったこの展覧会は、日本と韓国の同世代の若者が陶芸展を通して交流する事を目的としています。
私はその頃いつも考えていました。
「面白い作家に会いたい。面白い展覧会を企画してみたい。どうしたらいいだろう。」
そんな時、ある先生が韓国の若い作家達を紹介してくださったのです。
私は二つ返事でオッケーでした。


d0013679_22114194.jpg


そして、日本側の作家には私の知人ばかりでなく、日本各地の面白い作家達に参加してもらいたくなりました。
幸いなことに、本当に多くのすばらしい作家達が参加を了承してくれました。私の企画者としての未熟さから、自分自身満足しきれない展覧会ではありましたが、作品は本当にすばらしく面白い展覧会であったと思います。


d0013679_22185482.jpg


一期一会という言葉が私は好きです。そもそもの語源は、「茶会に臨む際には、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ」という、茶会の心得からきているといいます。人と人の偶然の出会い、その様なたった一度の偶然から生まれる更に新しい出会い。
私は出会いに恵まれています。これからも大切に出来る様、心がけたいと思います。
[PR]
# by contact05 | 2005-06-06 22:39 | 日韓交流展のこと

ああ市場最高!

d0013679_1840711.jpg

韓国の市場はとても楽しいです!!
例えば唐辛子がこんな状態で売られています。まず、その光景に圧倒されますよね。
もちろん量り売りですが、とにかくどの店も売っている物の数、量が半端じゃありません。
腐ったらどうするんだ?なんて考えないのか?


d0013679_18474480.jpg

この様な店が、延々と何十メートルも続きます。そして夜にはその店は屋台としてもデビューします。・・・・なるほど、効率的。


d0013679_1850488.jpg
d0013679_18502411.jpg

キムチの様な小鉢に入ってくる物はサービス。しかもおかわり自由ときたもんだ(これ、おいしいです!もっとください!と言う方が喜ばれますよ)。
そして、韓国の屋台は店のおばちゃんがとってもかわいい!僕が行った屋台では時間を忘れて飲み食いできて(驚きの安さ)気付けば明け方でした。
皆様も是非一度お試しあれ。
[PR]
# by contact05 | 2005-05-26 19:00 | 韓国滞在日記

仁寺洞3

d0013679_19135015.jpg

続きです。店のリストが壁に張り出されています。看板やイラストを見る限り、可愛らしい所という印象で、店の雰囲気とは微妙に違う気もしました。
韓国と日本のその様な違和感?は、女性の服の色などでもよく感じました。
すごい鮮やかな色あわせをされる方が多かったです。友人は関西のおばちゃんの服の色合わせと言っていました。

d0013679_19182749.jpg

これは階段の写真です。一階から上までバラのオブジェが伸びています。
仁寺洞の新しい観光名所として、これから発展していって欲しいですね。。

d0013679_19262653.jpg

参考までに建物の看板です。サムジギルと書いています。
[PR]
# by contact05 | 2005-05-16 19:27 | 韓国滞在日記

仁寺洞2

こんにちは。日本に帰ってまいりました。
ああ、日本食サランへヨ(愛してる)。
さて、撮った写真で韓国紹介。仁寺洞ギャラリーその2です。ある建物に行った時の写真です。

d0013679_1846226.jpg


d0013679_1847482.jpg

ここは仁寺洞道にある、工芸のショップが中心に集まった建物です。螺旋状に通路があり階段無しで上まで行けます。
色々な店が並んでいました(陶芸多し)。デザイン的なものあり、伝統的なものありで、韓国でも日本でもこの様な建物は珍しいのではと思います。


d0013679_18541069.jpg

昨年の12月にオープンしたこの建物は「サムジキル」といいます。工芸品専門で今や立派な観光名所です。月曜日でも人はたくさんいました。残念ながら写真撮影禁止の店ばかりでしたので店は紹介できません。値段は「ちょっと高いかな。」と思うものが多かったです。
[PR]
# by contact05 | 2005-05-12 18:59 | 韓国滞在日記

明日、帰国します。

皆様、こんにちは。
長い間、更新出来ずに申し訳ありませんでした。
韓国滞在の最後1週間は、あまりにも忙しくてへとへとです。
明日帰国しますので、明日以降から、ゆっくり韓国の話を更新していきたいと思います。
これからも宜しくお願い致します。
[PR]
# by contact05 | 2005-05-08 11:35 | 韓国滞在日記

光州の旅

光州という所へ行きました。韓国の南に位置するこの町は、お茶の生産、竹などが有名で、知人の話によれば、色々な食べ物がここで生まれたというくらい食べ物の美味しいところという事でした。
さて、光州には私の友人がいます。シムさんという教授ですが、とても若い面白い方です。作品はパワフルでとても大きな作品を作られます。
現在彼は光州に、自分のスタジオ件陶芸の施設を作る計画を実行中でした。今は全てが工事中、そして彼は穴窯作りで大忙しでした。そんな中お邪魔してしまいましたが、穴窯の製作作業を手伝いながら見学してきました。写真は現在の様子。かなり大きな穴窯です。彼の作品を焼くにはまだ小さいくらいですが・・・。
今日は煙突の下地を製作。
d0013679_15195851.jpg


d0013679_15212244.jpg
写真の右がシムさんです。下地が出来れば更に外側にレンガを組んでいき、最後の仕上げは業者さんが来ることになっています。左は先生のお弟子さんです。



d0013679_15241288.jpg
シムさんです。年上ですが友達の様に接してくれる、頼れる兄貴です。


d0013679_15281031.jpg
今日はシムさんと僕の共通の友人でシゴールというスペイン人、シムさんのお弟子さん二人が働いていました。先日までは、日本の陶芸家(この方も知人です)が手伝いに来ていました。みんなシムさんを慕っていて、大変な作業も楽しくやっていました。
[PR]
# by contact05 | 2005-04-24 15:31 | 韓国滞在日記

知人の展覧会3

上がアンミンソンさん、下がチョスジョンさんです。d0013679_1323374.jpg
d0013679_13234974.jpg
[PR]
# by contact05 | 2005-04-18 13:24 | 韓国滞在日記

知人の展覧会2

朴さんという方の作品です。d0013679_13211383.jpg
d0013679_13212699.jpg
[PR]
# by contact05 | 2005-04-18 13:22 | 韓国滞在日記